安全・品質・環境

品質向上と環境保全を共存させる技術があります。

株式会社ジャパンボトルドウォーターは、樹脂関連技術と連動させながら環境保全についての技術取得に力を注いでいます。 会社全体をマクロ的に、個々の作業をミクロ的に見つめ、改善・改革を励行。 独自の「環境基本方針」を設け、美しい地球を保つための努力を続けています。

安全衛生管理方針

 基本方針
  「人間尊重」を柱に、労働災害・職業性疾病・交通災害ゼロをめざし、従業員が安全でかつ健康に働ける職場づくりを推進する。

 安全基本理念
  • 安全は、全てに優先する。
  • 労災は、全て防ぐ事ができる。
  • 安全は、みんなの責任である。

品質基本方針

工程品質の向上と流出防止活動の充実を図り、顧客の満足を得る製品を供給する。

環境基本方針

  • 株式会社ジャパンボトルドウォーターは、合成樹脂関連製品の製造・販売の事業活動において、関係する法規制を厳守します。
  • 生産・販売活動において使用する全てのものについて、地球環境・地域環境の悪影響を及ぼす又は、危険性がある場合それらの使用を可能な限り削減していきます。
  • 廃棄物は、発生源から発生量を少なくするように努め、リサイクルできるものは、可能な限りリサイクルします。
  • 水道・電気・ガス等の使用量を可能な限り減らし、エネルギー資源を大切にします。
    (従来リサイクルが難しかった熱硬化性樹脂も、原料の一部として使用可能になっています。)
  • 社員全員がこの環境方針を理解し、厳守できるように文書化すると共に、環境方針の工場内主要個所への掲示と教育計画を作成し、教育していきます。また、取引先にも意識向上をお願いいたします。
  • 環境方針・目標・及び環境マネジメントシステムは、変化する社会状況に応じて定期的に見直しを行い、継続的に改善していきます。